家族の安心保険

保険の種類や内容

小型犬

ペット保険は、定率保障タイプと、実額保障タイプの2つに分類されます。
定率保障タイプは、入院・通院といった保障内容に対し、定率内、また規定の限度額内で保障をするタイプです。
定率は、50・70・90%などがあり、その定率によって給付額が変わってきます。
定率保障タイプのメリットは、保険会社と提携している病院であれば、支払いをするときに、その場で割引保障を受けることが出来ます。
また、提携していない病院であれば、後に診断書や領収書を保険会社に送ると、請求が出来るシステムになっています。
ですがペット保険によって、給付額に上限があり、定率で必ず保障を受けられるというわけではないため、契約時には注意が必要です。

ペット保険の実額保障タイプは、入院や通院・手術な土に対して、規定の保障限度額まで、実際に治療にかかった費用を保障するというものです。
合計金額から定率によって割引がされるのではなく、かかった合計金額を全額保障してもらえるというものになります。
実額保障タイプのメリットは、一年間の間の治療回数・日数に制限がないという点です。
病気やケガにかかる回数が多かった場合でも、年間で何度も保障を受けることが可能になります。
しかし、飼っているペットによって保証限度額が決まっている場合もあるため、ペット保険に加入する前に確認をしましょう。

ペット保険の内容として、通院治療保障・手術保障・入院保障があります。
病気ではガン保障・亡くなったときの死亡保障、さらに自分の飼っているペットが他人に危害を加えた場合の賠償保障などもあります。
他にも、様々な特約・オプションを付けることが出来るようになっています。
ですが、給付対象にならないケガや病気も多いので、注意が必要です。