家族の安心保険

詳しく知る

窓と犬と女の子

家族の一員として、多くの人がペットを飼っています。
自宅内で犬や猫・小動物を飼っている人が増え、現在アパートでもペットの飼育が可能な物件も出てきています。
そういう状況の中で、ペット保険に加入する人も増えてきています。
ペット保険とは、飼っているペットに何かあったときに保障をしてもらう保険商品であります。
保障内容は保険会社によって異なりますが、多くの保険会社でペット保険が用意されています。
予防接種や予防できる病気に対して、保険金がもらえない場合もありますが、ケガや病気になったときに助けてくれる保険です。

がん保険や婦人科疾患に関する保険・火災保険や生命保険という、数多くの保険と同様に、万が一のときに保障してくれるのがペット保険です。
人間と同じように、ペットもケガや病気をすることがあります。
いま動物病院も増え、獣医師によって動物の平均寿命も伸びていますが、それに伴い心臓疾患やガンといった病気にかかるペットも増えてきています。
重い病気の場合、治療期間も長く、高額な治療費が必要になってしまうため、ペット保険の需要が高まってきています。
ペットの治療費や入院費で、家計が苦しくなる場合も考えられます。
いまは健康でも、万が一のときのために加入しておくべきでしょう。

ペット保険は、人間が加入している健康保険と同じような働きをするものです。
診察費や治療費・手術費・入院費といったものに対して、ペット保険は適用されます。
動物も寿命が伸びて、ガンになる確立も高まっていますが、仮にガンになった場合も、給付金が支給されることがあります。
また、死亡時にお見舞金が支払われるケースもあります。
月々保険料として支払うことにはなりますが、こういった保障内容があるので、得をする可能性もあります。